TBC2007第3戦 NORIESカップ パターン
class−1 エリア タックル・釣果 釣り方 コメント
2
沖田護
5本6970g
神崎橋周辺、木下周辺。 H3をヘビダンで使用。ラインはサンラインBMS7LB。ジグを16LBで。クランクを12LB。 とにかくロングディスタンスで釣る事を心掛けました。アクションは何かに引っ掛けては外すの繰り返し。クランクはブレイクや護岸等の日蔭側をタイトに通しました。 前回に続き優勝出来てとても嬉しいです。
今回は自分なりに釣り方もエリアもハマリ、しかも大場所で他のアングラーとバッティングしても絶対に釣り負けなかった事がこの結果につながりました。
プレスの伊藤さんとも楽しい話しをしながらのトーナメントとなり「殺気」が消えたのもよかったのかも…?
利根川レコードを塗り替える事も出来て二重の喜びです!
私を支えてくれる方々や刺激を与えてくれる仲間、スポンサー様、フィールドに感謝します。
8成田紀明5本4713g 木下からスロープまで。 タックル・ファンタジスタ・レジスタFCR73M
アブレボSTX
バークレートランジション12ポンド
ゲーリーヤマモト カットテール6、5
ノガレス・モスキート2/0

ファンタジスタFC67MHFRバークレートランジション14ポンド
ゲーリーヤマモト クリーチャーワーム
両方ともにフォールで使用。
今回もプレス同船。全てをライブで見てもらえた。一昨年前からのブレイクの魚をやってみようとする選手が増え、当日のバッティングがあるとは前日からは考えられなかった。タイミングとアプローチの差があったからこその成績だと思う。
練習量からすればこれが精一杯か。な
16
青水英司
5本4335g
朝一のノンキー4本は「アン・ポン・タン」で、500g前後3本は「根古名近辺の杭」(7時半〜9時半)、1707gの50UPは栄橋チョイ上千葉県側にある「取水塔」のカレントが当たる側(12時)、1100gは「長門の杭」(12時30分すぎ)
タックル:豆はDSでカットテール等、Bigと1100は8gテキサス&クローワーム
釣り方:DSはツネ・ツネと・・・。テキサスはフォールでリアクション狙い。
兎に角、あの暑さの中、スタッフをはじめ参加者の方々、お疲れ様でした。前日、木下でスタックした私を助けて頂いた赤羽プロ、本当に有難うございました(だ〜れも居なくて心細かったよ〜)。
ところで、実はTBC戦で3度目の50UP&2度目のBig!昨年はお立ちに上がれず、クラシック権も取れずでヘタレてましたが、今回を機会に復調したいところです。
28
近松卓二
4本4032g
朝一、常総大橋下流、茨城県側の水中堤防周辺のベイトフィッシュが固まっている超シャローと流れが当たっている単発の杭。
シャローが濁ってきて、バスのボイルが無くなってきてから、木下下流の千葉県側のバンクに移動。
ノーシンカー、スモラバ用
ロッド
Qu−on デュナミス DNS−510ULS(オールソリッド)
ライン
サンラインFCスナイパーBMS4ポンド
ルアー
レディーフィッシュ3.5インチ スモーク。 スモラバ1.8グラム+ハンハントレーラー
ヘビダン用
ロッド
68M
ライン
サンラインFCスナイパーBMS10ポンド
ルアー
スパイキー ファンキーホッグ3.5インチ スモーク 5グラム ダウンショット。
釣果
ノーシンカーで1本
ダウンショットで3本
ノンキーは8本。
朝一、フィーデングしやすい地形でベイトフィッシュが多い場所でノーシンカー高速巻き。ホローはスモラバで食わす。
バンクはヘビダンのズルびき。
こんな僕をサポートしてくださる、最強のラインのサンライン様 釣れるルアーを提供してくれるスパイキー様 そして個人的にお世話になってるQu−onのエグシュンに感謝いたします。最後にこんな燃えられる大会を開催してくださった冠スポンサーのノリーズ様、北総マリン様、TBCスタッフの方々、本当にありがとうございました。
32
森田幸樹
4本3930g
根木名川
スロープ 上流千葉県側の竹杭
タックル1・クランクベイト用 6feet6inch-M、右巻きベイトリール ラビオス フロロ12ポンド
タックル2・ファットイカ用 6feet8inch-H、左巻きベイトリール ラビオス フロロ14ポンド
タックル2・ライトリグ用 6feet-UL、左巻きスピニングリール ラビオス フロロ6ポンド
クランクベイト(Dチェリ−)で2本、ファットイカで1本、スワンプクロ−ラ−で1本
中層を意識しながら、スロ−に狙う。 今回は、運にも恵まれて結果が出せてうれしく思います。あと一本足りなかったので今度こそはリミットメイク出来るようにしたいです。また次戦以降も結果が出せるようにしたいと思います。
regular エリア タックル・釣果 釣り方 コメント
245
竹内一浩
4本4314g
国道6号線周辺と小貝川合流より下流の各所 @4本
テーパー&シェイプ CFHC-69HW
ダイワ STEEZ103HL
サンライン フロロ16lb
フィナ 5/0フック
スパイキー アバランチ
Aノンキー5本
アンリパ EPVC-603
ダイワ STEEZ103HL
トーレ ナイロン14lb
ノリーズ ボルケーノU
@大雨からの回復が遅いエリアのバスが逃げ込んでいそうなブッシュを数ヶ所ランガンして3本。
A回復の進んだエリアでは逆に水通しのいい所でバズ。(結果的には@をフォローで入れて1本))
刺激を与えてくれる参加者の皆さんと機会を与えてくれる新海社長とスタッフの皆さん、スポンサー様に感謝します。
106
高梨聖子
4本3977g
神崎大橋周辺のゴロタ場
WALKER_WALKERのH3(グリーンパンプキン、ブロードシード)
5g〜7gのダウンショット
◎サンラインBMSの8lb
ロングキャストで、浅い方から深い方にズル引き、落とし込むのではなくゴロタのトップで留めておくように心がけました。基本的には同じストレッチなのですが、流れの有無や水位、濁りの具合によって釣れる場所も変わりました。アタリが小さく、乗らないことが多かったので、ラインの動きに集中し、送り込んで食わせました。 いつも面倒を見ていただいている新海社長、諸先輩方、スムーズな大会運営にご尽力いただいているスタッフの皆様、一緒に切磋琢磨してくれている大事な仲間の皆さん、本当にありがとうございます。これからもご迷惑をおかけしないよう頑張ります。
138
宮川晃一
5本3742g
通称?アンポンタンの水門周辺、ブレイクの絡んだ杭やブッシュ。 タックル:アルディート661MHRB-Ti+TD-Z105HL+フロロ14lb、
ルアー:ロッククロー(アメザリ)5gテキサス
偏光:シューティングレッド(α-sight)
釣果:7本キャッチ(2ノンキー)
左記エリアの各シェードをひたすら撃ち続ける。
朝イチのカレントがある時間帯はシャロー、陽が昇りカレントが止まってからは偏光で確認出来るギリギリの水深に
点在するストラクチャーにいる魚を狙っていきました。
偏光レンズを通して見える水中の微妙な変化を撃っていく事がキーだったと思います。
今年から利根川にお邪魔させて頂くようになりました。
初年度から結果を残せて大変嬉しく思っております。
楽しい大会を開催して下さる新海社長始めTBCスタッフの皆さん、ありがとうございます。
また、印旛沼でお世話になっている早川選手を始めNAB-21メンバー、トーナメントを通じて仲良くして頂いている全ての皆さんに感謝致します。
アンポンタンと3連水門を勝手に命名させて頂きましたが、宜しければ呼んで頂けますと幸いです。まだまだ印旛のハリーは精進します。
107
河田新
5本3423g
スロープ対岸上流の杭
タックル:テムジンガゼル+TD-Z103HL/ヘビダン(SpikyFunkyHog)、ヘッジホッグF3st-63X+Alphas103L/6.5インチカットテール
釣果:ヘビダンで2本、6.5インチカットテールで3本
流れにのせて、杭にタイトに絡ませ、ステイ。 偶然とはいえ、初めてのお立ち台だったので、うれしかったです。朝一投目から釣れて、いいリズムが作れました。
209
三橋修
3本2925g
根木名川中流 タクティクス6.6フィートベイト コンクエストDC12ポンド ルアー:ブリッツ
タクティクス7フィートスピニング ツインパワー5ポンド ワーム:ヤミー4.5インチ
クランクでノンキー5本だったので、ゆっくりな釣りに変え、ヤミー4.5インチのノーシンカーで3本キロ前後
スタッフの皆さん暑い中、ご苦労様でした。
違った釣りの仕方も、次回ためしてみたいと思います。