TBC2008第2戦 LUCKY CRAFTカップ
class−1 エリア タックル・釣果 釣り方 コメント
18福光正樹
5本5021g
ウエラ前のブレイク及び常総大橋下流茨城県側杭もからむゴロタエリア ロッドは全てフェンウィック
ロッドELT68CMHJ
リール TDZ103ML
ライン 東レスーパーハードアップグレード14LB
ルアー ティムコABホッグ7グラムテキサス
1300グラム二本

TAVGP70CH
TDZジリオン105HSL
同上18LB
OSP01ジグ9グラム
1000グラム一本

TAV66CMJ
TDZ103ML
同上10LB
カットテール6.5インチ
700グラム一本

TAV66SLJ
シマノセンシライト2500東レスーパーハードナチュラル5LB
ティムコシェイキーワーム5.5インチネコリグ
700グラム一本
ABホッグはゴロタや岩に引っ掛けてステイandハングオフ。各パーツの動きで誘った。
カットテールとシェイキーワームのネコリグはゴロタをずる引き。
ラバージグは杭にからむブッシュにフォールさせた。
直前プラは内容が悪かったなか、なんとか勝つことができた。朝一番のキッカーフィッシュがなければノーフィッシュもあったかもしれないくらいの紙一重の勝負だったと思う。自信のあるキーパー場やキーパーパターンが機能しなかったり、五本揃って落ち着いてしまい入れ替えが出来ずに終わってしまったりと、課題も残る試合だった。二戦終わって驚きの暫定首位!?妄想が暴走して現実化している。第三戦に向けて練習だ〜。最後に、新スロープの建設に尽力頂いた新海社長、大雨の中での運営となったTBCスタッフの皆様に感謝申し上げます。
41松下雅幸
5本4098g
黒部川下流
クランク用
ロッド デプス サイドワインダー76グラス(プロト)
リール スコーピオン1000とアンタレス5
ライン 14ポンドフロロ
ルアー バンディット200と300
 
5gテキサス用
ロッド ストラックルアーツ ボディーカウント
リール スコーピオン1000mg
ライン 14ポンドフロロ 
ワーム デスアダーホグ4とファンキーホグ4、5インチ
 
ミノー、トップ用
ロッド デプス サイドワインダー ハザードマスター
リール スコーピオン1000mg
ライン 14ポンドフロロ
ルアー バリソンミノー
 
エグジグヘッドワッキー用
ロッド セントクロイ エリート66L
リール ステラ2500
ライン 6ポンドフロロ
ワーム キンクー6とタイニーセンコー
バンディットはその日の魚の反応を広範囲に探るために使用。
岸ギリギリでバンディットに喰った為、ブレイクと沈み物に見切りをつけ岸際を重点的にチェック。
垂直護岸とインレットにはエグジグヘッドワッキーで。
カバー周りでは5gテキサスで。
河口堰の水門を開け初めてからの2時間ほどにアタリが集中した。
リミットが揃い、入れ替えをした時点でポストスポーンパターンへ。
ミノーで50cm近い魚をかけるもバラシてしまいそこに執着してしまった・・・
初めての利根川とTBCトーナメントだった為5日間のプラをしました。
毎日100km以上の走行距離には正直驚きました。
利根川色々な意味でポテンシャル高くとても楽しかったです。
なんにしても滋賀県からの遠征で色々とありましたが今琵琶湖でガイドが出来ていることにとてもホッとしています。
新海さん、TBCスタッフの皆様、選手の皆様、僕を支えてくれているすべての皆様、ありがとうございました。
次回も全力でがんばりますのでまたよろしくお願い致します。
お疲れ様でした。
33大津清彰4本3816g 黒部川 ロッド:フェンウィックS-TAV 63SULJ
リール:ルビアス2506
ライン:R-18 フロロLTD. 5lb.
ルアー:ゲーリー・シェーキーワームのジグヘッドワッキー
釣果はキーパー4本・ノンキー3本。
水中の岩がメイン。ヘビダンやキャロでは反応が鈍く、今日はワッキー系に反応が良好。前日から食い方・場所が大きく変化していたが、しっかりアジャストできたことが釣果に結び付いた。
ビッグフィッシュが混ざり、今回は半分ラッキーでした。毎回きっちり釣果を出せるように日々精進します。利根川は奥が深い!皆様、お疲れさまでした。
8渡辺泰喜
4本3539g
黒部川 タクティクス66L TD−Z105L 10ポンド 6.5カットテール グリパン 
タクティクス70H TD−Z105L 14ポンド ファットイカ ブラックイエロー
カットテールでは、黒部川の護岸沿いのハードボトム 3本 

ファットイカは流れ込みで使用。流れに乗せながら誘うイメージでしたが、バイトせずフォール後、水面近くまで軽くトゥイッチすると、バイトが出た。この釣り方で1200gを取ることができた 1本
新海社長、ならびにTBCスタッフの方々、いつもご苦労さまです。
リミットを揃えられなかったのは、非常に残念でしたが、利根川というすばらしいフィールドで、大会に参加    出来る喜びに感謝いたします。また、ブライトカレントの皆さん、いつもありがとうございます。
残り3戦、悔いの残らないよう練習します!
13田崎敦
5本3172g
長豊橋〜小見川 サンラインFCスナイパー16lb OSP 01JIG 7g
14lb WALKERWALKER H3 TX5g
12lb OSP ハイピッチャー 1/4
MC12lb RC0.5 スプラッシュテール
1〜1.5mのシャローフラットに絡むゴロタ、テトラ、レイダウン等でフィーディングしてる個体。jig.テキサスはフォール、スピナベ.クランクは水深10〜50pをトレース。ボラの稚魚が多い場所はハイピッチャー、少ない場所はRC0.5。キーパー10数本 600g前後のキーパーがコンスタントに釣れ続いたのは想定内、前日の大雨でキッカー場に置いていた根木名川の下流域が崩壊していたのが想定外… 日々勉強ですね〜。普段からお世話になっているWALKERWAKERの皆様、LiMiT様 OSPの皆様、田中様、いつもありがとうございます。 次戦も頑張ります!
regular エリア タックル・釣果 釣り方 コメント
503岩井田大輔
3本3169g
104福田成正
3本2852g
将監川 エアヴァイパー606XH
スティーズ103HL
フロロ14lb
ラバージグ7g
パワーホグ4in
カバーの中はノンキーばかりだったのでカバーの外、沖めのオダをラバージグでスローに7本かけて ノンキー2本 ばらし2本 キーパー3本
試合前に勤めていた会社が無くなるというハプニングがあり当日は沖めにラバージグを投げて『あ〜ぁ この先ど〜すっかな…』っとボケ〜っと考えたらラインが走っていた 名付けてボケっと釣法が効いたんだと思います。
みなさんも自分の会社が無くなったら試してみてください(笑
今回はラッキーな事に優勝賞金までいただけて…来月の生活費にさせていただきます┌◯ペコ
新海社長をはじめスタッフのみなさん、選手のみなさん ありがとうございました。
243久保勝也
3本2646g
スロープ下〜JR橋まで ロッド・パームス
リール・TD-Z
ルアー・バルキーパワーホッグ
カットテール4インチ
ブリッツ
ライン・フロロ10ポンド
釣果 4フィッシュ
シャロー打ちを10時くらいまで続けて、全然バイトがないので、これじゃまずいと、少し沖めのストラクチャーに的を絞った後から、バイトが出ました。
ワッキー・ヘビーダウンショットメインで、3本揃えて、その後、クランクも投げ出して、一回入れ替えしたという流れになりました。
はじめに、1週間前のプラのときにエンジンのチルトが壊れた際に、大会までに修理してくれた北総マリン様ありがとうございます。
今回は、ファーストフィッシュ(開始15分後くらい)が
いきなりランディング前に、竿を折られてばらした瞬間にやばいと思いましたが、集中力がなんとか持ちました。
BrightCurrentのみなさん、今年はなんだか調子がいいのでがんばります!
132八木賢一
3本2546g
常総大橋までのシャローストラクチャー ウォーリアー フロロ14ポンド 水の良いところを探してOSPバズをとにかくタイトに投げる! 会長を始め、スタッフの皆さんご苦労様でした。これからも宜しくお願い致します。
228田中陽
3本2224g
神崎周辺のテトラ アブガルシア ファンタジスタ FC−67MHFR+レボエリートCB フロロ16ポンド / ゲーリー シュリンプ4インチ テキサスリグ
釣果:4フィッシュ
テトラの穴打ちと浮きゴミに引っ掛けてシェイク 大会運営を行っているTBCスタッフの皆様、新海会長、いつもありがとうございます。

そして選手の皆様、雨中お疲れさまでした。(風邪引きませんでしたか?)
初リミットメイク(3本ですが)そしてビックリの初表彰台!とっても嬉しいです。
そしてTeam LUNKER KILLERのメンバーへ!次ぎも負けないぞ〜(笑)