TBC2014第2戦 depsカップ
class−1
2伊藤巧5本5098g エリア:中流の支流と常総大橋〜長豊NEWテトラとシャローフラットの硬めの沈みもの

タックル:
ロッド:ロードランナーHB680M
リール:カルカッタコンクエスト100
ライン:クレハR18フロロリミテッド20lb
ルアー:ヒラクランクギル プロト

ロッド:ロードランナーST6100MH
リール:スティーズ103HL
ライン:クレハR18フロロリミテッド14lb
ルアー:エスケープスイムツイン5g〜14gヘビダン(スタジオ100カバータイプ)


釣り方
テトラインサイドを攻めていく。風の当たらないプロテクトエリアが○。広くビックベイトで探り、ピンはヘビダンにてアプローチ。

コメント:暖かくなってからのタイミングを見事にはめることができ、大きくウエイトが伸ばせました。次戦からもミスなく頑張っていきます!TBCスタッフの皆様、冠スポンサー様、サポートいただいているメーカー様ありがとうございました。
20麻生雅之5本4898g ●エリア
長豊橋?神崎橋の区間

●タックル
<その1_ヘビダン>
ルアー:O.S.Pドライブクローラー5.5インチ(ライトグリパンブルー&ペッパー)
ロッド:フェンウィックテクナGP66CML
リール:スティーズ SVスプール仕様
ライン:フロロカーボン10lb.
リグ:5gのダウンショット
ウェアー:O.S.PフーデッドロンT

<その2_ジグヘッドワッキー>
ルアー:O.S.Pドライブクローラー4.5インチ(ダークシナモン・ブルー&ペッパー)
ロッド:フェンウィックテクナAV62SL
リール:ルビアス2506
ライン:フロロカーボン5lb.
リグ:ケイテックモノガードラウンドジグヘッド1.8g#2
ウェアー:O.S.PフーデッドロンT

●釣り方
朝はポスト&アフターが混在するスポットで、ドライブクローラー5.5インチのヘビダンを泳がせたり止めたりしてバイトを誘います。バイト数は15バイト位ありましたがとれた魚は5本です。因にカラーは「ライトグリパンブルー&ペッパー」の時、圧倒的にバイトが多かったです。その後はランガンして、ドライブクローラー4.5インチのジグヘッドワッキーでキロUPを2本キャッチし入れ替え成功です。

●コメント
今回キーに考えていたのは「水が余り動かないスポット」でして、スロープ?小見川までを前日にざっくりチェックしました。釣り込みまでが出来ず確信も得られませんでしたがバスを余り釣っていない割にはリラックスして大会に臨め、大会当日も上手く立ち回りすることができ、メンタルの大切さを改めて認識させられた試合でした。優勝までは一歩及ばずで悔しさもありますが、まずは一歩ずつ前進していきたいと思います。TBC参加選手の皆様、スタッフ様、会長、スポンサー様に深く感謝致します。それにしても、ドライブクローラーよく釣れますね?( ・?・)? ?? グッ !
8大石智洋5本4748g ・エリア
横利根逆ワンド 他
・タックル
ロッド G-loomis IMX782 (マイクロガイド by オンリーワン)
リール PX68
ライン FCスナイパー10lb
ルアー ヤマセンコー4インチ #234 (ファンタグレープ/スモールブルーフレーク)
スゴイフック 1/0
・釣り方
ネストが出来そうな場所をピックアップし、順々に回って行く感じ。
風が強く難儀したが、何とかかき集められた試合でした。
・コメント
表彰台で「スリムヤマセンコー」と口が滑ってしまった様ですが、
ノーマルの4インチヤマセンコーが正しい情報です。
今回もヤマセンコーに助けられました。
初戦ノーフィッシュ。
何処まで捲れれるか楽しもうと思います。
9沖田護5本4481g 釣り方
シャローフラットをバズを巻きまくる&チェリーをフリップしまくる。

『バズベイト』
ヘラクレス フォースグランディス7
レボエリート
サンライン FCスナイパー13LB

『エスケープツインチェリー』
ヘラクレス 67MHプロト
TD−Z
サンライン BMS12LB
EGタングステンシンカー6g


今回はBasser誌が同船取材していただいたのに、残念でした。
ミスが多かったので今後の課題となりました。
お疲れ様でした。
21西村嘉高5本4187g エリア:中流域
タックル:ST720H+シマノベイトリール+T-7 16LB
釣り方:レディーフィッシュ7gのカバーフリップ

エリア:下流域の縦スト
タックル:RR680H+シマノベイトリール+T-7 16LB
釣り方:クランキンジグ3/8oz+プロトトレイラ―ワームの中層巻き

エリア:黒部川
タックル:RR680MH+シマノベイトリール+T-7 12LB
釣り方:NITTI BAITプロトフットボールジグ3/8oz+エスケープスイムツイン
    のステイ&スイム

プラの段階で多くの魚をキャッチ出来なく、本番の時間の使い方を悩んだ試合でした。
regular
201久保田敦之3本3119g ・エリア 栄橋〜大利根有料
・タックル
@チャターベイト
 FCスナイパー14lb
 TD-X103H
TD-S 661MRB

ATDクロー・チェリーリグ
 FCスナイパー10lb
 ピクシー
 ルーミスGLXMBR782
 
・釣り方
 水の良いエリアでかつ色々条件付きの場所をローテーション。
 チャターは岩に当てて。
 チェリーはちょい落ちた所の岩を探してハングオフとステイ。

・コメント
 優勝させて頂き、大変嬉しく思います。
 バイトも少なく厳しい展開でしたが、たまたまサイズが良かったこと、珍しくフックアウトしなかったのがラッキーでした。
最近は転勤で遠くなった上、休日も少なくなり利根川に来られる回数が減り、本当に残念です。
 まだ人生は長いのでしばらくは我慢です。
103高梨聖子3本3053g 今回は、アフターの回復が私の好きな釣り方で釣れそうだと思う場所を、機動力を生かして回るつもりで臨んだ大会でした。3匹大会でたまたまビッグフィッシュを釣れたので、ラッキーでお立ち台に上がることができました。好きな釣り方で釣れたし、アタリも結構あったので、楽しめました♪
エリア:(1)若草大橋上流の乱杭(1500g)
(2)三連水門対岸の水中堤防(700gと800g)
タックル:(1)フェロモンチェリー 7g
エスケープツイン(バンドウカワエビ)
ヘラクレス フォースグランディス7
BMS12lb.
(2)フェロモンピック 14g
キッカーバク3.5in(ソフトシェル)
ダブルモーション(グリーンパンプキンBL)
タクティクス テンペスト
BMS12lb.+FCスナイパー8lb.(リーダー)
釣り方:(1)朝一、若草大橋上流の乱杭へ。打たれやすいポイントだけど、鯉師が居たので「前日からそんなに叩かれてないかも」と思ったのと、上流組が少なく引き波の影響が少ないこと、さらに下流の引き波が収まるタイミングには下流に向かうつもりだったので、スロープからなるべく近いポイントを選択。ブッシュにエスケープツインのチェリーリグを入れたらラインが走った。これが1500gのラージ。
(2)乱杭ではおいしそうな箇所だけを打って、粘らずに三連水門対岸へ。水中堤防周辺をフェロモンピックで、ワームを色々変えて遠投。ラージは堤防と堤防の間のブレイクをズル引きで、他は水中堤防に遠投し、ルアーをリーダー分落とすと喰っている感じだった。ほかに2匹、まぁまぁ良いサイズに切られたので悔しかった!2匹とも切った後ジャンプしたので姿を見たから余計に…(>_<)

ほかに、入れ替えは出来なかったけど、6.5inカットテールのネコリグでも虎が1匹釣れた。

コメント:いつも円滑な大会運営にご尽力頂いている会長をはじめスタッフの皆さん、そして至らぬ私に色々ご指導くださる先輩方、本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い致しますm(__)m
102矢島崇宏3本3007g エリア
栄橋〜6号より上流

釣り方
試合前の木曜、金曜に降った雨の影響を考え
大会当日に水が良いポイントを探してラン&ガン

タックル

ダウンショット用
ロッド:5フィート10インチULのスピニング
リール:ヴァンキッシュ2500HGS
ライン:クレハ R-18フロロリミテッド 4ポンド
ルアー:ノリーズ パドチュー
    004 ウォーターメロン ブラックFlk
    スタジオ100 カバータイプダウンショットシンカー

スプリットショット用
ロッド:6フィート7インチLのスピニング
リール:コンプレックスCI4
ライン:クレハ R-18フロロリミテッド 4ポンド
ルアー:ノリーズ パドチュー
    004 ウォーターメロン ブラックFlk
    プロズファクトリー ラバ玉君

偏光グラス メガネのスエナガ製
フレーム:オークリー ストレートジャケット
レンズ: タレックス アクションコパー

コメント
いつも刺激を与えて下さる先輩トーナメンターの方々
特に試合直前でタイトな日程にも関わらず
必要なルアーを送り出してくれた先輩トーナメンターの方
仲間の伊藤巧君、植田君
伊藤巧君のお父さん
ありがとうございます。
次戦以降も頑張ります。
222内田浩臣3本2796g ・エリア
利根川本流 根来名川上流杭周り
・タックル
ミディアムライト ヘビーダウンショット
スライダーワーム
・釣り方
殆ど動かさず、スローに動かして引っ掛かりのある所でステイ。殆どステイ中にバイトがあった。
・コメント
久しぶりのお立ち台で嬉しい限りです。
老体に鞭打って、頑張ります。
スタッフの皆様、有難うございました。
106近藤裕之3本2601g スタートから10時30分まで長門川で粘り、バイズポートリー3インチ(ブラック
X'masフレーク)のジカリグで1本。
その後、根木名川に移り、ワンズバグで超いいサイズを掛けましたが、フックが
硬いところにあったようで、無理に引き抜いたところでフックアウトしてしまい
ました。あのサイズがいるならと、12時まで表層系ルアーを投げましたがダメで
した。
残り30分は、根木名川を出たところの本流で、小枝等沈んでいるエリア。 初め
はリトルスパイダーのダウンショットで流していると、アタリが激しくあるにも
関わらず、全く乗りませんでした。 食べにくいのかと思い、スイングインパク
ト3インチ(ゲンゴロウボンバー)に変えたところ、ラッシュとなり4バイトで3本
取れました。 お腹いっぱいとなったため、帰着したところ、お立ちとなってい
ました。
諦めモードになったら、全く異なる釣りを試すのも大事だと実感しました。

肝となったルアー:スイングインパクト3インチ(ゲンゴロウボンバー)